保育士は茶髪・ネイルはNG?服装・髪型ルールの常識・非常識!

「保育士だっておしゃれがしたい!」

皆さん、そう思うことも多いのではないでしょうか。



園のルールで茶髪・ネイルともにNG、メイクの仕方まで指定されている、何てこともありますよね。

「うちの園は厳しすぎ?」という疑問にお答えします。

 

https://hoitech.online/2020/04/23/brack-hoikuen/

 

基本の身だしなみ

保育士の見出しの基本は、機能性・安全性、そして清潔感重視です。

 

服装

動きやすいか

子どもに何か起こったときにすぐに動けるか?という点がポイントです。

長すぎるエプロンは座った状態から立つときに引っかかってしまいます。短い丈のエプロンを着ている方が多いのはそのためですね。

パンツはチノパンやストレッチ素材のものか、ジャージが基本。デニムを履いている方も多いですが、園によっては腰を悪くするためデニム禁止というルールもあります。

 

【デニムが腰を痛めるってほんと?】 伸縮性のないデニム(ジーンズ)は、自然な歩行を妨げたり、血行が阻害されます

特に、スキニーなど、足にフィットしたデザインは、時に腰やふくらはぎを強く締め付け、さまざまな症状の原因になるそうです。

長時間しゃがむなど、ふくらはぎを圧迫し続けてしまうと「コンパートメント症候群」という筋肉や神経が圧迫障害を起こした状態になる病気の危険性もあるそうです。

しゃがんだり、足を曲げる事が多い保育士の仕事。デニムを仕事着にするのは、デニムの伸縮性を確認してからにしましょう。

 

子どもにとって安全か

エプロンや服装に、子どもの肌を傷つけるものがないか、仕事着にする際は十分注意しましょう。

抱っこしたり、背中などにくっついてくるときに、目や肌に当たるとケガをしてしまうような、尖ったものや硬いものがある服は着用しないようにしましょう。

 

子ども達には、フードのあるものはダメ。と伝えている園も多いのでは?

保育士にとっても、フードのあるパーカーなどは、ケガの元になりますので、できるだけ避けたほうがよいかもしれません。

 

清潔感があるか

汚れても良いから、といって、穴が空いたり、首周りがよれよれの服を着ていませんか?

普段着の古くなったものを保育園で着るという先生も多いと思いますが、あくまでも仕事の服装です。

最低限の清潔感を持った服を着るようにしましょう。

 



 

髪型・髪色

髪型はすっきりと結ぶ

個人的には、肩までの長さなら結ばなくても良いのかな?と思います。

しかし、園によっては、動きにくい。下を向いたときに子どもの目に入ってしまう。など、危険があると考える園もあるようです。

清潔感を大切にするなら、断然結んでいたほうが良いかと思います。

サラサラな髪の先生なら良いのですが、最近は園が髪型に自由だから、とボサボサの長い髪を結ばずに保育している先生を見ることがあります。

保護者からの印象もあまり良くないです。

 

見落としがちなのが、長い髪を後ろで一つに縛っている先生。

たまに、知らない間に後ろにいる子どもを攻撃していることがあるので、ご注意を。

 

髪色は常識の範囲で

基本は明るすぎないこと。

子どもの前では自然な色で、と黒髪のみ。という園もあります。

 

「染めてはいけない」という園はシンプルでわかりやすいのですが(染められないのは嫌ですけど)、「明るすぎない」という園が難しいです。

園長先生や主任先生によっては、同じ色合いでもNGが出ることがあるのでご注意を。

 

保育士だけではなく、一般的な会社でも髪色の規定はあります。

規定の厳しい職場で働いていた保護者からは、茶髪であっても良くない印象をもたれてしまうようです。

 

ヘアピン

ヘアピンは本人が気付かないうちに落としていることがあり、NGの園もあります。

知らない間に乳児さんが拾ってしまったら大変ですもんね。

ヘアピンがないと髪がまとまらない方もいらっしゃると思うので、NGでない保育園ではつけていても問題ないかと思います。

 

髪飾り

尖ったものや硬いものはNGの園が多いですよね。シュシュやポンポンなどはOKのところもありますが、業務に関係ないものとしてNGの園も。

黒いヘアゴムのみという校則以上に厳しい園もあります。

髪飾りって、女の子達の心をつかむのに最高のアイテムなのですが・・・規則は規則ですからね。しょうがないこともあります。他の腕を磨きましょう。

 



 

アクセサリー

指輪

結婚指輪などを付けている先生もいらっしゃるかと思いますが、園によっては結婚指輪もアクセサリーとみなしてNGとなっています。

監査で注意されたという保育園もありますよ。

私の働いている園でも、指輪は禁止だったので、結婚して5年くらいは結婚指輪をつけたことがありませんでした(^^;)

 

ネックレス

フードと同じく、ケガの原因にもなりますし、落として乳児さんの口に入ってしまったら一大事です。業務前にはずしておきましょう。

 

ピアス

抱っこしたときに子どもの目線にとがったものがあるのは危険です。落としてしまったときにも見つけ辛く大変危険ですので、金属シリコン問わず、はずすようにしましょう。

 

メイク

ナチュラルメイクに

お化粧は、日焼け止め、ファンデーション、まゆげとリップくらいで終わらせる先生が多いです。

大量に摂取しない限り、メイク用品の成分で子どもに害が起こることはありませんが、

顔を触った手を乳児が口に入れてしまうこともあります。

保護者の方によっては、気にされる方もいらっしゃるので、気をつけましょう。

 

夏に保育していたら、嫌でも汗でメイクは流れますし、メイク直しの時間もありませんので、はじめからメイクは最低限の方が、自分にとっても良いのかも。

 

まつげエクステ

アイメイクは薄めにしてほしいという園が多いのです。

長い休みでマツエクしてしまえば、大丈夫なときもあるかもしれませんが、大体バレます。

「いいわね~」って行ってくれる上司もいますが、「派手ですよ」と注意されることも。

保護者から「先生、マツエクした??」と聞かれている先生も実際いらっしゃいますので、マツエクするなら、叱られる&保護者の噂になる覚悟を。

 

ネイル

子どもに危険がないように、爪は短く切っておきましょう。

というのが保育士の常識なので、ネイルを楽しむのはかなり難しいです。

色をつけるなんてもってのほか。という園ばかりですよね。

 

平日はネイルケアをしておいて、週末にごほうびとして楽しみましょう。

普段でも靴下でかくれるので、フットネイル(ペディキュア)を楽しむ先生は多いですよ♪

 

さまざまな服装ルール

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” name=”false” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]私が働いていた園は、キャラクターNGでした。
エプロンも靴下も、ハンドタオルまで・・・
実習先の印象から、保育園の先生といえば、
キャラクターエプロン!と思っていたので
びっくりしました![/word_balloon]

[word_balloon id=”2″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” name=”false” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]私の園では、髪染め禁止はもちろん、ヘアピンもNG、

ヘアゴムは飾りなしの黒色のみです。

もう少し規則をゆるめても保育には支障がないと思うんだけど・・・[/word_balloon]

[word_balloon id=”3″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” name=”false” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]私が働いているこども園では、勤務中は指定の制服、通勤服はスーツと決まっています。

入職前の研修でそのことを知ってびっくり。

他の園の自由な雰囲気を見ると、うらやましく思います。[/word_balloon]

 

保育士もオシャレがしたい!

昔からのルールができてしまっていると、それぞれのオシャレの個性を認めてもらうのは難しいことも。

 

ただ、これまで見てきた園でも、「髪の色もメイクも自由」という園はたくさんあります。

先生でオシャレ好きな方が多いと、お互いのために認めている園も。

あまりにも服装ルールが厳しすぎて窮屈で、自分らしくいられない!

と言う方は、他の園への転職を考えるのも一つかも。

 

求人にうたっているところはほとんどないので、保育園のことを良く知っている専門のアドバイザーに確認してもらうことをオススメします。

きらぽんJOBでカンタン転職 総額300万円 お祝い金キャンペーン実施中!



まとめ

保育園での身だしなみについての常識は、社会人としての気遣いとしての常識なのかもしれません。

子どもに危険がないか?保護者にとって信頼できる印象になっているか?

社会人としての身だしなみができているかが大切なのかと思います。

 

しかし、安全性もあり、清潔感もあるのに、時代遅れになっていないか?と

園の規定が厳しすぎることに納得いかないのであれば、

後輩達のために園の中で意見を募ることも、環境を変えることも、方法一つだと思います。

 

みなさんが、自分らしく働ける環境で保育できることができますように

応援しています!

 

2020.5.13

 

YouTubeオススメ保育動画3選【確認!】保育学生へ保育実習準備におすすめ☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA