【分かりやすいイラスト表付き】保育園での熱中症対策&救急処置

【分かりやすいイラスト表付き】保育園での熱中症対策&救急処置

 

熱中症とは

暑さによって体温が一定に保てなくなり、

どんどん体温が上昇する状態が続くことを熱中症といいます。

その結果、意識障害やけいれん、頭痛、めまい、手足のしびれ、

筋肉の痛み、血圧低下、肝臓や腎臓の障害などの症状が起こり、

ひどい場合は、死に至ることもあります。

 

熱中症の疑いのある症状

軽度(Ⅰ度)

・めまい・立ちくらみ・こむら返り・足がつる

・手や口のしびれ・気分が悪い・大量の発汗  

※意識はしっかりしていて、熱は上がらない

 

中等度(Ⅱ度)

・頭が痛い・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

※発熱・発汗あり。

意識はあり、胃腸炎の症状に似ている。

 

重度(Ⅲ度)

・顔が赤い・意識障害・けいれん

・異常な発汗、もしくは汗をかかない

・まっすぐ歩けない・異常な高体温

 

 

 

熱中症の応急処置

軽度(Ⅰ度)

・クーラーのきいた室内や風通しの良い日陰など、涼しいところに移動する。

・衣服をゆるめ、保冷剤や濡らしたタオルなどで体を冷やしたり、肌を水で冷やし、うちわなどで扇ぐ。

(冷やす際は、首・わきの下・ももの付け根などの太い血管部分を冷やす)

・水分・塩分を補給する

 

中等度/重症(Ⅱ度/Ⅲ度)

すぐに病院を受診しましょう。

意識が無い場合は、救急車を呼び、応急処置を続けながら、救急車を待ちます。

 

【熱中症の症状と応急処置のイラスト表】

熱中症の症状と応急処置

参考:環境省/熱中症環境保険マニュアル

 

保育園でできる熱中症予防対策

熱中症になってしまう前に、普段の保育で予防を心がけましょう。

 

1.こまめな水分補給

こどもは新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く

脱水を起こしやすい体をしています。

給食やおやつは、水分の多く含む食事にして、

定期的に意識して水分補給をしましょう。

 

2.熱や日差しから守ろう

自律神経の働きが未熟で、汗による体温調節がうまくできません。

衣服には熱のこもらない風通しの良い素材や、薄い色の衣服を選びましょう。

また、太陽の光をさえぎる帽子は必ず被るようにしてくださいね。

後頭部や首元を日差しから守ることも忘れずに。

 

白いTシャツと黒いTシャツをそれぞれ着用し、

気温33度の屋外で10分過ごして表面温度を計測したところ、

白いTシャツは35.3度だったにもかかわらず

黒いTシャツの温度計は47.2度に達した。

出典

おはよう日本出演者ブログ:NHKブログ | キャスター | Tシャツの温度

上記の実験でもわかるように、衣服の色の違いで、温度は大きく違ってきます。

 

3.地面の熱に気をつけよう

こどもは身長が低く、ベビーカーに乗るなど、

大人よりも地面に近いところで過ごしています。

地表からの影響を受けやすいことを意識しましょう。

 

4.室内でも屋外と同じ意識をもつ。

室内は大丈夫だろうと油断しがちです。

屋外と同じ対策を意識しましょう。

 

5.遊びに夢中になり過ぎない

遊びに夢中になってしまうと、のどの渇きや気分の悪さなど、

熱中症の症状に気付くことが遅くなってしまいます。

時間を決めて、休憩や水分補給をすすめましょう。

 

こどもは暑さや体の不調を自分の言葉でうまく伝えることができません。

服装など、自分で暑さを調節することも難しいです。

汗や体温、顔色や泣き方など、子どもの様子を気にかけて過ごすようにしましょう。

 

6.日ごろから、暑さに慣れさせる

適度に運動させて、暑さに強い体作りをしましょう。

暑さが本格的になる前に運動させておくことが大切です。

 

いつもエアコンの室内で過ごしてばかりいると、暑さに弱い体になってしまいます。

毎日朝・昼・夜と3食しっかりと食べて、十分な睡眠をとるようにしましょう。

疲れている子は、年齢関係なく横になって休ませてあげてください。

体のリズムを整えることが丈夫な体作りに大切です!

 

7.少しの間だからといって目を離さない

室内・車内・屋外どこであっても、子どもから目を離さないようにしましょう。

少しの間だから、と子ども一人きりになることのないように。

特に、車内での事故が多いため、保護者にも注意喚起を

 

保育園での水分補給のタイミングは?

活動と活動の間にとると、子ども達にも分かりやすいです。

遊びの時間は、30分に1度は水分補給をすすめましょう。

保育園の熱中症対策:水分補給

 

水分補給を習慣化させるのも、

大切な自己管理の教育のひとつです。

 

水分補給するのはお茶でいいの?

夏場に水分補給するなら、スポーツドリンクのほうが良いのでは?

と思う方もいらっしゃると思います。

塩分ミネラルの入ったスポーツドリンクは、脱水症状や運動前後に飲むのに最適な飲み物です。

ただ、普段の保育中の飲み物としては、ちょっと糖分が気になるところ。

家庭からの水筒の中身は水やお茶で十分です

もしもの時の場合に、経口補水液やスポーツドリンクを用意しておくのは良いかと思います。

 

子どもは経口補水液はあまり好きな味ではないので、

我が家は高熱の時には、アクアライトを飲ませていました。

和光堂 アクアライト オーアールエス(125ml*3本入*2コセット)【アクアライト】

 

ベビー 飲料 和光堂 元気っち! アクアライト りんご 125ml×3_4987244134271_65

 

保育でできる熱中症予防教育

暑くなると多い、熱中症での救急搬送。

命に関わることも多いです。

保育園で子ども達にも正しい知識を身につけてもらい、

家庭でも話してもらうきっかけになってもらいたいですね。

 

「どうしてねっちゅうしょうになるの?」

絵本などを利用して、熱中症対策の大切さを

みんなで話し合うこともおすすめ♪

どうしてねっちゅうしょうになるの? (やさしくわかるびょうきのえほん) [ せべまさゆき ]

 

熱中症予防「はたらく細胞」動画

保育園では見せられませんが、

我が家では、「はたらく細胞」のアニメCM動画をみながら

子ども達と話し合いました。

分かりやすい内容なので、

先生たちには、ぜひこちらも見てほしいです(^^)

アニメ「はたらく細胞」の“新作”11.5話が公開!「ポカリスエット」とのコラボでアナザーストーリー

 

まとめ

今回は、熱中症の症状と応急処置、

保育園での熱中症予防策についてお話しました。

 

よくあるのですが、子ども達の熱中症予防ばかりを気にして、

保育士さんが倒れてしまうこともあるので

先生方も、こまめな水分補給をお忘れなく(^^)

 

暑い夏は体力勝負!

しっかり寝て、しっかり食べて、元気な子ども達と暑さをのりきりましょう♪

 

今回紹介したもの

和光堂 アクアライト オーアールエス(125ml*3本入*2コセット)【アクアライト】

 

ベビー 飲料 和光堂 元気っち! アクアライト りんご 125ml×3_4987244134271_65

どうしてねっちゅうしょうになるの? (やさしくわかるびょうきのえほん) [ せべまさゆき ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA