カブトムシ

【簡単】保育園で飼いやすい虫・生き物おすすめ12選



今回は、保育園で飼育が簡単な生き物をまとめてみました。

育てて見たいけど、実際に生き物を育てるのって大変…

そんな風に思う先生もいますよね。

 

生き物といってもたくさんいます!

その中から、クラスや園での飼育が簡単にできる

生き物をご紹介します。

【8月のおりがみ】夏にぴったり!海の生き物や虫の折り方動画まとめ☆

 

生き物を飼うねらいとは?

生き物を飼う

保育の中で、「生き物を飼う」ということは

子どもにとってどのような影響があるでしょうか?

小学生の場合は、育ちの観察や協力して世話をすることでの「学び」

重視して飼育活動をしています。

一方、幼児の場合は「発達」と「心」の成長のために

生き物の飼育が重要とされているようです。

 

感じ方や考え方を豊かにする

幼児期に生き物と触れ合うことで、身近な自然の不思議を感じ

その美しさを感じたり、直接触れる体験を通して、

好奇心や思考力、表現力などの基礎を培うことができます。

 

命の大切さを感じ、思いやりの心を育む

生き物を毎日見たり、触れたり鳴き声を聴いて世話をする中で

親しみを感じ、相手に対して思いやりの心をもち

愛着や癒しから心のよりどころにするなど

豊かな人間形成の基礎を培います



 

簡単に飼える生き物12選

猫 金魚

人によって簡単か簡単でないか別分かれるところかもしれないですが

今回は、子ども達が日中観察できるかの「観察のしやすさ」

お世話に手間がかからないか「世話のしやすさ」

飼育の間に生態の変化があるかの「成長の変化など」

飼育する上での購入するものやエサなどの「コスト」

ポイントを分けて紹介します。

 

クラスで簡単に飼える生き物

ダンゴムシ

超初心者向けの生き物がダンゴムシです。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など
コスト ★★★

ムシミル

飼育ケースを購入しなくても、

園にあるプラスチックの容器やペットボトルで十分です。

あとは、土と枯葉、小枝と石があればOK!

たまに霧吹きで土に湿気をもたせてください。

 

エサは、給食の調理中に余った野菜の切れ端で大丈夫です。

おどろきダンゴムシ図鑑 [ 奥山 風太郎 ]

 

アオムシ

アゲハチョウ

アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫は

ミカン科の木の葉っぱにくっついています。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など ★★
コスト ★★★

あおむし

飼育ケースに新聞紙やキッチンペーパーを敷いて

アオムシが好きなミカン科の木の枝を

小さなペットボトルなどに水を入れてさせばOKです。

幼虫~さなぎ~蝶になる姿が見れます。

 

うちのクラスのアオムシさんは、

毎年、飼育ケースから脱走して

保育室のあちこちでサナギになっております(笑)

 

アリ

アリ?と思うかもしれませんが、

巣を作る様子がみえるものだと

見ていておもしろいです!

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など
コスト ★★

アリの巣

アリが巣をつくるキットを使うと、

エサも必要ないですし、

キレイに巣作りの様子が見えます。

ニチドウ アリ飼育観察セット

アリ 飼育キット 石膏製 巣箱 アリの巣 観察 ケース 蟻用 多機能 セット 城 円形 保湿 アリなし サイズ(M)

ミノムシ

ミノガ科に属する20種類以上の蛾の幼虫がミノムシとなります。

秋ごろにミノムシとして見られます。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など ★★
コスト ★★★

 

木についている状態のミノムシを捕獲して

飼育ケースの中に枝ごと入れます。

枝の先には綿を巻いて水につけるなどしましょう。

エサは枯葉などを食べるので、

ミノムシが付いていた木の葉っぱを一緒にケースに入れてあげましょう。

 

幼虫がミノから出てくることもあり

折り紙や毛糸を小さく切って

実験すると楽しい結果も♪

*irodorimidori*

 

メダカ

マーフィーのハワイアンスタイル

いま大人気のメダカちゃん。

ヒメダカなら、コストも安く購入できます。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など ★★
コスト ★★

飼育ケースで飼うこともできますし、

外で飼うなら土や水草を入れて

ビオトープを作ると、世話も楽になります。

屋外の水場は蚊の発生を心配するかもしれませんが、

蚊の赤ちゃんのボウフラはメダカのエサとなるので

心配要りません。

(めだか)(水草)私のアクアリウム~メダカのかくれんぼ フレッシュネスバージョン~ フラットグラス 飼育セット 本州四国限定

 

ザリガニ

近所の田んぼでも簡単に捕まえることができます。

脱皮などが見れるのは飼育ならではの経験です。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★
成長の変化など ★★
コスト ★★

 

ザリガニを飼育するときは

隠れる場所と登れるものをおきましょう。

水質安定のための水草をおくのも◎

 

水槽に水をたくさん入れて飼育するなら

フィルターが必要です。

水を浅く入れたらフィルターはなくても大丈夫です。

ザリガニの水は汚れやすいので

においが気にならないように毎日水交換しましょう。

ザリガニ飼育ノート ザリガニの生態から飼育、繁殖まで [ 下釜豊久 ]

 

園で簡単に飼える生き物

カブトムシ

一度つがいで飼うと、たくさん卵を産むので

「保育園でいらない?」と

園児がもってくることもあるカブトムシ。

観察のしやすさ ★★
世話のしやすさ ★★
成長の変化など
コスト ★★

飼育ケースに腐葉土を入れて、登る用の太い木と、

エサのゼリーを入れる用のエサ台をおきます。

小さな虫が気になる方は、コバエ防止シートをつけてください。

カブトムシ & クワガタムシ 飼い方のポイント 幼虫・成虫の見つけ方から育て方まで まなぶっく / 小林俊樹 【本】

 

金魚

見ていてもキレイでカワイイ金魚。

エサをあげていると寄ってきたりするので

さらに可愛さが増しますね。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★
成長の変化など
コスト

 

小さいうちは水槽も大きなものでなくても大丈夫です。

毎日水の入れ替えをするなどマメにに世話ができるなら、

フィルターなどを購入しなくても良いですが

世話を楽にするなら、初期コストはかかってしまいますね。

水槽の中のバクテリアが安定すると

水の入れ替えもいらなくなるくらいお世話がしやすくなります。

新装版 金魚の飼い方・育て方 [ 佐藤昭広 ]

 

おたまじゃくし

おたまじゃくし~カエルの成長が見れますね。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ ★★★
成長の変化など ★★★
コスト ★★★

 

飼育ケースかたらいがあればOKです。

エサは、めだかや金魚のえさ、パンくずです。

水はカルキぬきを忘れずに。

カエルになると肺呼吸になるので、石などを入れて

陸を作っておくと◎

おたまじゃくしから手足が出てカエルになっていく様子は

毎日見ていておもしろいです。

 

ヤドカリ

ヤドカリ 飼育

最近人気だったのがヤドカリさん。

25年くらい生きるものもあるそうです。

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ
成長の変化など ★★
コスト

はるちゃんねる 

 

メダカや金魚の飼育経験のあるひとなら

挑戦しても良いかもしれません。

トコトコと歩く姿は癒されますし

貝殻をお引越しする姿は子どもの好奇心をくすぐりますね。

 

なかなか飼育は難しいですし

ヒーターなどのコストもかかりますが

珍しい生き物を飼いたいという時は

ぜひチャレンジしてみてください。

 

カメ

クサガメなど、迷子になっているカメを保護して

飼い始める園が多いかと思います。

のんびりと動く姿は癒されますね♪

観察のしやすさ ★★★
世話のしやすさ
成長の変化など
コスト

 

カメは脱走の名人なので

コンテナボックスなど、高さのあるケースを使いましょう。

ひなたぼっこ用の陸地か大きな石を入れたらOK!

カメは水を汚しやすく、においが発生するので

夏場は毎日水を替えましょう。

エサは一日1回で良いです。

また、触る前後は必ず手を洗うこと!

カメの気持ちと飼い方がわかる本 [ 小家山仁 ]

 

ウサギ

ウサギは他の生き物と比べて大きい分

やはり育てるのも大変。

しかし、それ以上に癒し効果が(^^)

子ども達にも大人気です。

観察のしやすさ ★★
世話のしやすさ
成長の変化など
コスト

 

一日2回のエサやりと水交換、

衛生面でも注意しなければいけないので

ゲージの掃除も頻繁に行う必要があります。

 

アレルギーなどの心配のある生き物

犬・猫だけでなく、ウサギなど毛のある動物はアレルギーがつきものです。

アレルギーをもっている子どもには配慮を。

 

また、生き物は菌を持っているので、

触ったり世話をした後は必ず手洗いをしましょう。

また、生き物自身が弱ってしまわないように、

触る前にも手洗いを。

石鹸などがついたまま触ることはないようにしましょう。

また、触りすぎはストレスになります。

 

まとめ

命ある生き物、超簡単に飼育できるものから

人によっては簡単じゃない・・・というものまで様々ですね。

それだけ、生き物を飼うというのは責任あることなのだと思います。

 

大人だけで世話をしてしまうのではなく

子ども達にもお世話を経験させたり

保育の時間の中で世話の時間をつくることで

「生き物を育てる」ということの大変さを感じ

そこから愛着や気付きの経験へとつながるのではないかと思います。

 

担任の先生の個人の負担とならないように

ぜひ、園全体で取り組んでほしいです。

 

2020.7.4

 

生きものつかまえたらどうする? [ 秋山幸也 ]

2020.7.4

 

【紹介した本のまとめ】

おどろきダンゴムシ図鑑 [ 奥山 風太郎 ]

ザリガニ飼育ノート ザリガニの生態から飼育、繁殖まで [ 下釜豊久 ]

カブトムシ & クワガタムシ 飼い方のポイント 幼虫・成虫の見つけ方から育て方まで まなぶっく / 小林俊樹 【本】

新装版 金魚の飼い方・育て方 [ 佐藤昭広 ]

カメの気持ちと飼い方がわかる本 [ 小家山仁 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA