【保育園の感染症対策お知らせ付】流行性角結膜炎(はやり目)



流行性角結膜炎(はやり目)とは?

「流行性角結膜炎(はやり目)」は、年間を通して感染の可能性がありますが

主に6月末頃から夏季にかけて流行することが多い感染症です。

感染力が非常に強く、はやり目の人が目を触った手で触れたものを、他の人が触って目をこすったり口に触れたりすると、高い確率で感染します。

保育園/流行性角結膜炎/おしらせ

感染症法によると

流行性角結膜炎とは

アデノウイルスD 種の8、37、53、54、56、64/19a 型などによる眼感染症である。

と定義されています。



 

原因ウイルス

アデノウイルスは現在約50もの種類があり、A~Fの6つに分類されています。

ウイルスの種類によって引き起こす症状が異なります。

 

肺炎、上気道炎、咽頭炎、咽頭結膜熱(プール熱)

流行性角結膜炎、出血性膀胱炎、腸炎など

 

アデノウイルスが目に感染した場合は流行性角結膜炎に、

喉に感染した場合は咽頭結膜熱になります。

免疫が付きにくく、種類がたくさんあるため、何度も感染する場合があります。

 

関連記事

 

流行性角結膜炎(はやり目)の症状

目の充血

白目(結膜)の部分が充血します。

白い膜のようなものが出ることもあります。

 

目やに・涙目

たくさんの目やにが出て、

目やにで朝目が開かないほどです。

 

まぶしさや異物感

黒めに傷が付くと

まぶしさや異物感を感じることがあります。

しょぼしょぼしたりゴロゴロしたり目が開けづらくなります。

 

まぶたが腫れる

まぶたの裏にブツブツができて腫れます。

どうなってるの?ウイルスと細菌 [ サラ・ハル ]

合併症の可能性

角膜炎の症状が治まってくると

黒目(角膜)の表面に点々の濁りがでてきます。

これがあると、目がかすんで見え、

この点々が少なくなってくるとよく見えるようになってきます。

 

黒目の混濁は視力低下を起こすことがありますので

しっかりと点眼をし、眼科の検査を受けましょう。

 

目のしくみ大研究 なぜ見える?トラブルを防ぐには? (楽しい調べ学習シリーズ)[本/雑誌] / 根木昭/監修

潜伏期間

2~14日

 

感染経路

接触感染

目をこするなどしてウイルスがついた手で触ったものを

他の人が触ってしまい、

その手で目や口を触れると感染します。

 

消毒が不十分なプール

プール熱と同じく、消毒が不十分なプールに

ウイルスに感染した人が入ると、

一緒に入っていた人も感染する可能性があります。

 

紙芝居 あかずきんちゃんとウィルスオオカミ [ あくざわめぐみ ]

保育園での感染対策

・手洗い・消毒

・タオルの共有をしない

・ティッシュなどの使い捨てのもので拭う

・おもちゃ等の消毒

・プールの塩素消毒の徹底

 

手洗い・消毒

アデノウイルスに対する特効薬はないので対症療法になります。

感染への対策として、

園児・職員ともに消毒や手洗いをしっかりと行いましょう。

 

症状がおさまってからも、

便からは1ヶ月便中にウイルスが排出されています。

トイレの介助やオムツ替えの後は

石けんで丁寧に手を洗い、消毒をしましょう。

 

タオルを共有しない

感染力が強いため、タオル等の共有はやめましょう。

 

ティッシュペーパー等使い捨てのものを使う

涙や目やには必ずティッシュペーパーのような

使い捨てのものでぬぐうようにし、

使ったものはビニル袋に入れて捨てましょう。



おもちゃ等の消毒

こどもの使うおもちゃはもちろん、

ドアノブ、スイッチ等複数の人が触れる場所の消毒をしましょう。

アデノウイルスは乾燥にも強いウイルスです。

保育所での流行状況にあわせて、遊具も消毒しましょう。

 

プールの塩素消毒の徹底

プールは塩素消毒を徹底し、

プール遊びの前に流水を用いたお尻の洗浄を行いましょう。

 



 

罹患した子どもの登園のめやす

「結膜炎の症状が消失していること」

(保育所における感染症ガイドラインより)

 

出席停止後の登園について

医師に診断された日から医師の許可が出るまでが

出席停止期間となります。

 

受診して発病がわかった場合は、園に連絡してもらい、

医師に

「学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書」

「登園許可証明書」に記入してもらうなど

あらかじめ入園時にルールを確認してもらうようにしましょう。

 

「意見書」や「登園許可証明書」は、入園時に配っておいたり

園のホームページ等からダウンロードできるようにしておくなど

準備しておきましょう。

 

やるべきことがすぐわかる今日から役立つ保育園の保健のしごと改訂版 [ 東社協保育士会保健部会 ]

家庭での対処法

手洗い・消毒

手洗いと消毒を徹底しましょう。

 

タオルの共有

タオルの共有はしないようにしましょう。

タオルで目やにを拭くと

2次感染の原因になることがあります。

ティッシュなどで拭くようにしましょう。

 

また、拭ったティッシュは

ビニル袋にいれて捨てるようにしましょう。

 

楽しい!ほけんだよりイラスト&文例集 年中使える!きちんと伝わる! (ナツメ社保育シリーズ) [ 中野康伸 ]

衣服の洗たく

感染した人がお風呂などで使用したタオルは、

洗濯機に入れる前にしっかりとすすぐようにしましょう。

 

入浴

感染して日の浅いうちや、症状のある時は

感染力が高いので、入浴は最後にしたり、

シャワーですませるなど、配慮しましょう。

 

参考:厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」

2020.7.18

 

関連記事

 

保育園/流行性角結膜炎(はやり目)/お知らせ

保育園/流行性角結膜炎/おしらせ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA