【保育園の感染症対策お知らせ付】伝染性膿痂疹(とびひ)



【保育園の感染症対策お知らせ付】溶連菌感染症

伝染性膿痂疹(とびひ)とは?

保育園/とびひ/おしらせ

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)は、

虫刺されやあせも、小さなケガなどに

黄色ブドウ球菌溶血性レンサ球菌が入り込み

皮膚に感染することで発症します。

 

かきむしることで水疱があっという間に全身へ広がる様子が、

火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。

 

夏に流行することの多い感染症でですが、季節は関係ありません。

 

イラストで学ぼう!子どものケガ・病気・感染症 [ 朴賢晶 ]

 

水ぶくれができる水疱性膿痂疹

厚いかさぶたができる痂皮性膿痂疹があり、

症状にも違いがあります。

幼児や学童に多いですが、大人にも感染します。

 

免疫ができるものではないので

何度でも感染することがあります。

 



 

原因ウイルス

黄色ブドウ球菌

健康な人でも、皮膚の表面や鼻の中にひそんでいる

常在菌といわれる菌です。

 

傷口などから皮膚に入り、増殖するときに

出す毒素がとびひの原因となります。

 

溶血性レンサ球菌

健康な人でも鼻の中やのどにひそんでいる

常在菌です。化膿レンサ球菌とも呼ばれます。

 

溶連菌感染症の原因菌でもあり、抗生物質を服用して

きちんと除菌しないと、症状がひどくなったり

合併症を引き起こすこともあります。

 

どうなってるの?ウイルスと細菌 [ サラ・ハル ]

 

伝染性膿痂疹(とびひ)の症状

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

黄色ブドウ球菌が原因で起こるとびひで、

水ぶくれから膿(うみ)をもって、かゆみを伴うため

かいて破れると皮膚がめくれてただれます。

 

目・鼻・口のまわりから発症することが多く

手を介して体のあちこちに広がります。

 

ヒトの体にすみつく生き物 寄生虫から細菌・ウイルスまで [ 辨野 義己 ]

 

痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

溶血性レンサ球菌が原因となるとびひで、

膿をもった水ぶくれが厚いかさぶたのように

なっているのが特徴です。

 

溶連菌感染症の症状を伴うこともあり、

炎症が強いために発熱があったり

リンパが腫れたり、のどの痛みの症状がみられることもあります。

 

黄色ブドウ球菌が同時に感染していることも多いです。

 

参考

 

とびひの合併症

ssss(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)

黄色ブドウ球菌の毒素によって表皮が侵され

やけどの様に剥けてしまう症状です。

触れただけでも痛みがあり、入院治療の必要があります。

 

細菌ホテル

 

腎炎

溶連菌感染症と同様に

急性腎炎の心配がありますので

完治したあとでも必ず2~4週間後に

医療検査で尿検査をおこない、

異常がないか確認する必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の園児には

アトピー性皮膚炎の乳幼児は、

皮膚のバリア機能が低下しています。

 

細菌に感染しやすく、とびひにかかると

敗血症(菌血症)など

重症化することがありますので特に注意が必要です。

 

よくわかるこどものアレルギー(3) アトピー性皮膚炎 [ 栗原和幸 ]

 

潜伏期間

2~10日

 

感染経路

接触感染

あせもなどの湿疹虫刺されなどの小さな傷から

菌が進入して感染します。

 

鼻にひそんでいる菌から感染することもあるので

鼻をいじらないように注意しましょう

 

なかよくつき合って元気になる! からだの細菌キャラクター図鑑 [ 岡田晴恵 ]

 

また、感染力が非常に強いため

タオルや寝具の共有や、

プールを介して感染することもあります。

 

保育園での感染対策

・手洗い・消毒

・タオルや寝具を共有しない

・感染していたらプールには入らない

 

手洗い・消毒

接触感染への対策として、園児・職員ともに

つめの中まで手洗いをしっかりと行いましょう。

 

タオルや寝具を共有しない

菌のついたタオルや寝具から感染することもあります。

個々で使うものを分けるようにしましょう。

 

感染したらプールには入らない

プールでの感染防止と

感染した子どもの症状悪化防止のため

とびひに感染した子はプールは禁止となります。



 

罹患した子どもの登園のめやす

「病変部を外用薬で処置し、

浸出液がしみ出ないようにガーゼ等で覆ってあれば、通園が可能」

(保育所における感染症ガイドラインより)

となります。

 



 

伝染性膿痂疹(とびひ)は

出席停止扱いとなる感染症ではありません。

医師の許可を得て、

本人の全身状態が安定していたら登園できます。

 

回復後の登園について

出席停止の感染症ではないため

保護者によって判断が分かれることがあります。

 

「受診して発病がわかった場合は、園に連絡する」

「水疱部分を覆った状態でのみ登園できる」

「プールには入れない」など、

あらかじめ入園時にルールを確認してもらうようにしましょう。

 

やるべきことがすぐわかる今日から役立つ保育園の保健のしごと改訂版 [ 東社協保育士会保健部会 ]

 

家庭での対処法

衣服の洗たく

2次感染予防のため

衣服などの洗たくは、家族とは分けることをおすすめします。

 

洗剤で洗ってもウイルスが付着している場合がありますので

洗濯機に入れる前にしっかりとすすぐようにしましょう。

 

タオルの共有

ウイルス付着していることがあるので

タオルの共有はしないようにしましょう。

 

爪を切る

かきむしりが原因で患部がひろがるため、

爪は切り、清潔にしましょう。

 

入浴時の注意

プールや入浴は、患部を悪化させる原因となります。

皮膚の清潔のためにも

患部を洗うときには、あわ立てた石けんで優しく洗い、

シャワーでよく流すようにしましょう。

 

参考:厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」

 

2020.7.23

【保育園の感染症対策お知らせ付】流行性角結膜炎(はやり目)

 

保育園/伝染性膿痂疹(とびひ)/おしらせ

保育園/とびひ/おしらせ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA