【保育園の感染症対策お知らせ付】水痘(みずぼうそう)



2020.8.4

水痘(みずぼうそう)とは?

一般に「水ぼうそう」とよばれる「水痘」は、

全身に強いかゆみのある水疱ができるのが特徴で発熱も現れます。

冬から春にかけて流行するとても感染力の強いウイルスです。

子どもに多いイメージですが、大人にも感染し、

その場合は重症化してしまう可能性が高いといわれています。

 

保育園/水痘/水ぼうそう/おしらせ

 

原因ウイルス

水痘の原因となる水疱・帯状疱疹ウイルスヘルペスウイルスの一種で、

感染力が非常に強く、保育園幼稚園などで流行すると、一気に感染が広がります。

ワクチンを接種して抗体ができれば、効果は一生続くと言われています。

 

2014年10月から、水痘ワクチンが定期接種となったため、

現在、保育園や幼稚園に通っている子たちは、抗体ができている子が多いかと思います。

入園時、年度ごとの予防接種の確認をし、しっかりと受けてもらうようにしましょう。

 

水疱・帯状疱疹ウイルスにかかった人の体内には、ウイルスがずっと残り、

ストレスや加齢によって、免疫力が低下すると、

ふたたび「帯状疱疹」として再発することがあります。



 

水痘(みずぼうそう)の症状

発熱

38℃前後の発熱が2~3日続きます。

 

発疹

全身に赤い小さな発疹が現れます。

発疹は水ぶくれとなり、最後に黒いかさぶたとなります。

とても強いかゆみをともないます。

 

潜伏期間

14~16日

 

感染経路

飛沫感染

鼻水やくしゃみによって感染します。

 

接触感染

水ぶくれを触ってしまうことで感染します。

 

空気感染

くしゃみなどによって排出されたウイルスが空気中をさまよい

それを吸ってしまうことで感染します。

 

子どもと一緒にすぐできる!感染症対策サポート・ブック 新保育所における感染症対策ガイドラインに対応 (ひろばブックス) [ 藤井祐子 ]

 

保育園での感染対策

水痘は、免疫力がない場合、ほぼ100%感染するといわれるほど

強い感染力があります。

 

予防接種歴・罹患歴の確認

保育園で水痘が発生した場合、

園児の予防接種履歴と感染症の罹患の有無の確認をしましょう。

 

水痘ワクチンの予防接種

水痘ワクチンはふつう、生後12ヶ月~15ヶ月までに1回目を、

その後、半年~1年後に2回目を接種します。

 

緊急のワクチン接種

園内で感染が発生した時に

まだ水痘のワクチン接種をしていない園児がいる場合、

嘱託医と相談しましょう。

発症者と接触した後、72時間以内にワクチンを接種すれば

発症を予防できる可能性があります。

 

 園内の消毒

こどもの使うおもちゃはもちろん、

ドアノブ、スイッチ等複数の人が触れる場所の消毒をしましょう。

 



 

妊婦への感染を防ぐ

妊婦が水痘に感染してしまうと、重症化するリスクが非常に高くなります。

 

妊娠20週までの妊婦が感染すると、低体重や手足の異常など先天性水痘症候群

生まれてくる可能性があり、出産前後での感染の場合でも、合併症や死亡のリスクがあります。

 

保育園で水痘が発生した場合、妊婦への感染の防止も重要です。

妊娠中の保護者・職員には、すぐに水痘の発生を知らせ、

送迎時の工夫勤務について配慮が必要となります。

 



 

罹患した子どもの登園のめやす

「全ての発疹がかさぶた化していること」

(保育所における感染症ガイドラインより)

 

出席停止後の登園について

医師に診断された日から医師の許可が出るまでが

出席停止期間となります。

 

受診して発病がわかった場合は、園に連絡してもらう、

医師に

「学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書」

「登園許可証明書」に記入してもらうなど

あらかじめ入園時にルールを確認してもらうようにしましょう。



 

「意見書」や「登園許可証明書」は、入園時に配っておいたり

園のホームページ等からダウンロードできるようにしておくなど

準備しておきましょう。

 

関連記事

 

保育園/水痘(みずぼうそう)/おしらせ

保育園/水痘/水ぼうそう/おしらせ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA