【保育の食育】三色食品群/緑/からだの調子を整える《無料イラスト付き》

みなさんの保育園では、どのような「食育」をしていますか?

野菜を育てたり、料理をつくったり・・・

それぞれの園でいろんな取り組みをしていることと思います。



 

前回は三色食品群「赤」「黄」のグループを紹介しました。

【保育の食育】三色食品群/赤/血や肉をつくる《イラスト付き》

【保育の食育】三色食品群/黄/力や体温をつくる《イラスト付き》

 

今回は「緑」のグループについてです。

ふたたび前回のおさらい↓

 

三色食品群って?

「三色食品群」とは、食材をからだへの作用ごとに「赤」「黄」「緑」

3つに色分けしたものです。

 

「赤」は、血液や肉など、体を作るもとになります。

「黄」は、力や体温など、エネルギーを作るもとになります。

「緑」は、体の調子を整えるもとになります。

 

栄養バランスの取れた食事を取ることは大切です。

子どもにも分かりやすい三色食品群を使った食育は

保育にも取り入れやすい栄養への理解するツールとなります。

 

三色食品群の「緑」の役割

「緑」のグループは、野菜やきのこ、果物など

副菜デザートに含まれることが多いかと思います。

 

体の調子を整える、という大切な役割を持っていて、

大人にとっても必要不可欠な栄養です。

 

抵抗力をつけたり、肌荒れや排泄にも関わります。

 

好き嫌いがある子への声かけ

緑の野菜は断固として食べない・・・

苦手な子が多いのがこのグループですよね。

 

「わるい菌からからだを守って、風邪ひかない強いからだになるよ!」

「良いウンチがでるようになるよ」など

 

キレイな肌になったり、便秘が治ったり、

粘膜が強くなって風邪を予防したり。

ビタミンが不足すると、疲れやすさの原因にもなります。

 

緑グループを食べることは良いことがいっぱいなのです!

 

食育マグネットボード「緑」

↑こちらの画像を保存して、自由に印刷してください(商用不可)

 

赤グループのイラストはこちら

【保育の食育】三色食品群/赤/血や肉をつくる《イラスト付き》

 

黄グループのイラストはこちら

【保育の食育】三色食品群/黄/力や体温をつくる《イラスト付き》

 

食育マグネットボードの作り方

用意するもの

・マグネットシートインクジェットプリントできるもの

(100均にあります)

・ホワイトボード(園の黒板でもOK)

 

作り方

マグネットシートに印刷する

切る

できあがり!

 

紙に印刷して、ラミネートして、裏にマグネットを貼ってももOK!

Pペーパーに印刷すれば、パネル布にも貼れます♪

工夫次第で使い方はいろいろです(^^)

 

わくわくパネルシアターPペーパーA4サイズ20枚入り ([バラエティ])

※ゼッタイ毎日する!という必要はありません。

お当番さんと週に1回とか、たまに時間があった時でOKだと思います。

 

よろしければ、保育に使ってみてくださいね。

 

グリーンマントのピーマンマン (えほん・ドリームランド) [ さくらともこ ]

ピーマンマンとかぜひきキン (えほん・ハートランド) [ さくらともこ ]

保育士さんにも「緑」グループは必要!

ストレスが多いと、血液中のビタミンが減ってしまうそうです。

また、「うつ」にも、ビタミン欠乏が関係しているという研究もあり、

風邪予防のためだけでなく、

ビタミンの摂取は健康管理のためにも大切だといえますね。

 

また、肌をきれいにする作用もあるので

お日様の下で過ごすことが多かったり

水仕事の多い保育士にとっては

欠かすことのできない栄養といえます。

 

野菜が苦手・・・

給食はがんばるけど、家では・・・という方は

ジュースでも良いので、

緑グループを取り入れるようにしてくださいね(^^)



 

管理人より

給食の時間がつらい・・・という保育士さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

私も、苦手なものを食べさせることが大の苦手でした!

 

無理強いはしないように、少しずつ少しずつ

食べれるようになると良いですね。

 

一つのきっかけに、食育ボードを使っていただければと思います♪

 

参考:農林水産省「実践食育ナビ」https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/guide.html

2020.9.30

 

関連記事







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA