悩み 保育士

保育士に向いてない?発達障害?「HSP」のチェックと向き合い方



「私は発達障がい?」と悩んでいる…

いろんなことに敏感になりすぎて辛い

もしかしたら、HPSという気質のせいなのかもしれません。

 

HSPってなに?

女性 横顔

HSP(Highly Sensitive Person:非常に敏感な人)とは、

アメリカの精神分析医エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

 

それまで、内向的、引っ込み思案、怖がりなどといった性格を、

音や匂い、環境による刺激や人の気持ちに敏感すぎる点に注目し、

SPS(感覚的処理過敏性)の高い人HSPと呼びました。

SPS(感覚的処理過敏性)とは、

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの五感や、平衡感覚、内臓感覚など人間が持っていると言われる12以上の感覚のことです。

 

病気ではなく、その人の気質

HSPは、病気ではなく、生まれ持った気質であり、15~20%程度存在するといわれています。

保育園の職員の、5人に1人は、HPSでもおかしくないのです。

 

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 【HSPかな? と思ったら読む本】 (シリーズ こころの教科書) [ 上戸えりな ]

空想好きなぼーっとした子ども

こども 絵本

実は、私もHSP気質をもつ保育士です。

子どものころは、いつもぼーっとしていたり、空想していたり、

誰かが呼んでいても、近くに来て肩をたたかれるまで気付かない子でした。

 

自分はのんびりとしたマイペースな子どもだったのだろう、と思っていたのですが

みんなとお昼寝することが苦手だったり、泥で汚れることを嫌ったり

お便り帳には、「神経質」と何度も書かれていました(笑)

 

自己肯定感も低く、他人の一挙一動に悩む性格。

自分はおかしいのかな?発達障がいじゃないのかな?と

悩むこともありました。

 

しかし、この「HSP気質」が書かれた本に出会い、

「これだ!!」と納得。

現在は、自分自身の気質なのだ!と心が楽になりました。

 

【オススメの本】

書き込み式で自分の特徴に気付けます。

敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる方法

敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる方法 [ 長沼睦雄 ]

自分はHSP?ー項目をチェックー

【HSPの特徴】

①物事を深く考えてしまう。

メニューを選ぶ時に時間がかかってしまう。考えすぎて行動に移せない。

他人の一挙一動をあれこれ深く考えてしまう。

 

②刺激に弱い。

人ごみが苦手。誰かと遊ぶと家に帰ってぐったり疲れてしまう。

人前に出ることが苦手。暑さ寒さに敏感。上司からの叱責に傷つきやすい。

痛みに敏感。

 

③共感力が高い。

空気を読みすぎる。人の顔色をうかがう。涙もろい。

動物や植物と会話できる・心が通じている。

 

④強い光や音、匂いに敏感。

騒音や強い臭いだけでなく、小さな音やかすかな光、においや人の雰囲気に敏感。

カフェインに敏感。アレルギーじゃないのにどうしても食べられないものがある。

 

①~④の中のどれかに当てはまれば、HSPである可能性があります。

 

 

また、以下のような特徴のある人も、HSP気質の可能性が高いです。

・疲れると暗い部屋などで一人になりたくなる。

・想像力が豊かで、空想が好き。

・美術や音楽で感動する。

・困っている人に手をさしのべる。

・他人がしてほしいことによく気がつく。(空調を変える。電気の明るさを変えるなど)

・ミスをしないか、忘れ物をしないかビクビクする。

・暴力的な番組や動画が嫌い。

・すぐ驚いてしまう。

・周りがあわただしいと落ち着かず、イライラする。

・短時間でたくさんのことを頼まれるとパニックになる。

・子どもの頃、大人から神経質だとか、内気と言われていた

 

HSPを、より詳しくチェックしたい方はこちら

◎HSP診断テスト https://hsptest.jp/



どうすればいいの?HSPな自分との向き合い方

HSPはステキな気質

HSP気質を持っている人は、悩むことが多く、

「自分はダメな人間なのではないか…」と思っている方もいるかと思います。

 

しかし、共感力が高く感受性が豊かだなんで、

もし、自分のクラスにそんな子どもがいたら、あなたはどう思いますか?

 

私は、「ステキなところがある!」

その子の個性を大切にしたい!と思います。

 

自分もHSPなので、自分のことをそんな風に認められない!

思う気持ちもとても分かります。

 

でも、気質であるものを、ムリに変えようと思うより

「これが自分」と認めてしまうと、いろんなことが楽になります。

 

保育も、人間関係も、自分自身の生き方も。

 



 

HSC-子どものHSP(非常に敏感な子ども)

 

保育の中でHSPと発達障がいの子どもの特徴は重なるところがあります。

 

しかし、発達障がいの子ども”人の心を察することが苦手”ならば

HSCの子ども”人の心を察しすぎてしまう”のです。

 

子ども達がけんかした時に、大人が言ってしまいがちな

「相手の気持ちを考えて」ができすぎてしまう子ども達。

 

障がいととらえて考えるのではなく

その子の気質・個性と考えて、丁寧な対応を心がけたいですね。

 

HSCオススメ書籍

HSCの子育てハッピーアドバイス 

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子 [ 明橋大二 ]

 

子どもの敏感さに困ったら読む本

子どもの敏感さに困ったら読む本 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方 [ 長沼 睦雄 ]

HSPの人の適職

保育・介護などの福祉業界・カウンセラーなどの職業は、共感力が高く、

相手の気持ちを察知することができるHSPに、向いている仕事だといえます。

芸術関係動植物に関わる仕事も適しています。

 

また、保育の仕事は共感力だけでなく、

芸術を楽しむことのできる想像力感受性少しの変化に気付く力も必要となります。

まさに、HSPの特徴が生かされたお仕事になりますね。

 

ただ、マルチタスクは苦手とするので、業務量が多すぎたり、

一人で見なければいけない子どもの数が多すぎる時は、

HSP気質の保育士さんの良さを発揮できないことがあり、

逆に頑張りすぎてストレスを抱え、うつ病を発症してしまうことに。

 

自分自身の気質を理解した上で、好きな仕事をどんな形で続けて行きたいか、

一度考えてみても良いかもしれません。

 

2020.10.6





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA