【保育園の感染症対策お知らせ付】RSウイルス感染症

RSウイルス感染症とは?

RSウイルス感染症とは、秋から冬にかけて流行する呼吸器の感染症です。

 

2歳までにほぼ100%が感染し、だんだんと免疫がついて軽症になりますが

大人も感染します。



 

6か月未満の乳児や早産児・肺や心臓に基礎疾患がある場合など

重症化しやすく、1歳以下の場合も合併症を起こすことがあります。

 

この時期に風邪症状がある場合は、乳児にうつさないよう

必ずマスクをするなどの感染症対策が必要です。

【保育園の感染症対策お知らせ付き】インフルエンザ

 

【保育園/RSウイルス感染症のお知らせ】

↑こちらの画像を保存して印刷してください(商用不可)

 

原因ウイルス

RSウイルス

 

気になるあの病気から自分を守る! 感染症キャラクター図鑑 気になるあの病気から自分を守る! [ 岡田晴恵 ]

インフルエンザの症状

高熱

38度以上の高熱が でます。

 

咳などの呼吸器症状

咳がひどくなると重症化し

ゼーゼー・ヒューヒューといった喘鳴

みぞおちの辺りがへこむ陥没呼吸

呼吸困難をおこします。

 

鼻水

鼻水などの風邪症状があらわれます。

 

合併症に注意

咳がひどくなると

6か月未満の乳児は細気管支炎や肺炎で入院することもあります。

1歳以下の乳児も中耳炎になることがあります。

 

感染症ってなんだろう? (教えて! 感染症) [ 土井洋平 ]

 

潜伏期間

4~6日

 

感染経路

飛沫感染

咳・くしゃみ

 

接触感染

タオルの共有、鼻水やよだれの着いたおもちゃの貸し借り

 

保健室で見る感染症の本(1(インフルエンザ編)) いつでもどこでも無差別攻撃 [ 近藤とも子 ]

保育園での感染対策

0歳児の接触を避ける

RSウイルス感染症が園で発生した場合、

幼児に感染しても軽症となることがほとんどです。

 

軽い風邪程度だから大丈夫と思っていても、

乳児に感染すると重症化のリスクがあります。

0歳児と1歳児以上の接触を避けるようにしましょう。

マスクの着用・咳エチケットの徹底

職員はもちろん、マスクを着用できる年齢の子どもには

マスク着用を促しましょう。

 

手洗い・消毒

飛沫感染及び接触感染への対策として、

園児・職員ともに消毒手洗いをしっかりと行いましょう。

 

唾液や鼻水がついた、おもちゃ等の消毒

こどもの使うおもちゃはもちろん、

ドアノブ、スイッチ等の複数の人が触れる場所

消毒用エタノールなどで消毒しましょう。 

 

換気・加湿

保育室の中の空気をこまめに換気するようにしましょう。

また、 乾燥するとウイルスに感染しやすくなります。

加湿器などを活用し、適度な湿度を保ちましょう。



罹患した子どもの登園のめやす

「呼吸器症状が消失し全身状態が良いこと」

(保育所における感染症ガイドラインより)

 

症状改善後の登園について

 

受診して発病がわかった場合は、園に連絡してもらう

医師に

「学校感染症等に係る登校・登園に関する意見書」

「登園許可証明書」に記入してもらうなど

あらかじめ入園時にルールを確認してもらうようにしましょう。

 

「意見書」「登園許可証明書」は、入園時に配っておいたり

園のホームページ等からダウンロードできるようにしておくなど

準備しておきましょう。

 

0~5歳児担任の病気+ケガガイド増補改訂版 写真+対応解説+緊急ミニおたより (保カリbooks) [ 永井裕美 ]

 

 参考:厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」

2020.11.2

【保育の食育】三色食品群の保育&知育ツール♪《無料イラスト付き》

 

保育園/RSウイルス感染症/おしらせ

↑こちらの画像を保存して印刷してください(商用不可)

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA