【食育】子どもと楽しみたい!日本の行事と行事食をまとめました♪

日本では昔から、季節ごとの行事やお祝いの日を大切にしてきました。

その時に食べる特別な料理や食べ物を「行事食」といいます。

 

食べることで季節を感じたり、家族の幸せや健康を願ったりする意味が込められています。

行事食は地域によって特徴があり、私たちの生活を豊かにする食文化です。

1年間にある主な「行事食」をご紹介します♪

 

【保育の食育】三色食品群の保育&知育ツール♪《無料イラスト付き》

 

1月1日

行事:正月

行事食など:おせち料理・雑煮

おせち料理は、ひとつひとつに願い事や深い意味が込められています。

栗きんとん(黄金の財産)、伊達巻(学業成就)

黒豆(まめになるように)、数の子(子孫繁栄)

海老の煮物(腰が曲がるまで長生きできるように)

叩きごぼう(土地に根を張り、一族が安泰に暮らせるように)

など、おせち料理に入っている料理は、それぞれに縁起の良い意味が

こめられています(^^)

 

 

1月7日

行事:人日の節句(七草の節句)

行事食など:七草がゆ

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ 春の七草」という歌にもある

7種類の草をおかゆに入れて、人日の日に1年間の無病息災を祈ります。

 

 

 

2月3日頃

行事:節分

行事食など:恵方巻き・入り豆

旧暦の新年である2月4日の前日を節分といい、その年の恵方に向かって恵方巻きを食べることで、その年の無病息災、商売繁盛、家内安全を願います。

恵方巻きに入っている具も、縁起の良いとされている食材です♪

 

3月3日

行事:上巳の節句(桃の節句)

行事食など:ひしもち・ちらし寿司・ひなあられ

女の子の健康と成長を願う、桃の節句には

赤・白・緑に重ねられたひし形の餅を食べます。

赤は魔除け、白は清らかさ、緑は厄除けの意味があります。

 

3月21日頃

行事:春分の日

行事食など:ぼたもち

春に咲く花にちなんで牡丹餅→ぼたもちとなりました。

ぼたもちは、大きめの丸い形でこしあんを使っています。

 



 

4月頃

行事:花見

行事食など:花見弁当

平安時代が起源とされているお花見は、それまでは貴族の行事とされていましたが

江戸時代からは庶民も楽しむようになりました♪

 

5月5日

行事:端午の節句

行事食など:ちまき・柏餅

今ではどちらも全国にありますが、

もともとは、「柏餅」は関東を中心に、「ちまき」は関西を中心に食べられてきたそうです。

柏餅は、江戸時代にできた子孫繁栄を願う食べ物で

ちまきは、奈良時代に中国から伝わった、厄除けの意味がある食べ物だといわれています。

 



 

7月7日

行事:七夕の節句

行事食など:そうめん

あまり知られていませんが、そうめんは七夕の節句の行事食です♪

ルーツは、索餅(さくべい)という小麦料理で、無病息災を願って食べられていたのだとか。

天の川に見立てて飾りつけして食べるのもよさそうですね(^^)

 

 

7月下旬~8月上旬

行事:土用の丑

行事食など:うなぎ

夏の土用の丑の日は、

昔から、梅干し・うどん・うりなど「う」のつくものを食べて夏バテ防止をする風習があり、

「う」のつく「鰻」は、まさに疲労回復効果抜群の食べものとされていました。

 

 

9月9日

行事:重陽の節句(菊の節句)

行事食など:栗ご飯

菊の節句には、菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べて無病息災や長寿を願います。

 

 

9月15日

行事:月見

行事食など:月見団子・里芋料理

お月見には、月にちなんで丸く丸めたお団子を食べます。

お月見団の形や数は地域でも違いがありますね(^^)

 

 

9月23日頃

行事:秋分の日

行事食など:おはぎ

秋の萩の花にちなんで、秋はおはぎといいます。

おはぎは、小ぶりで俵の形。粒あんを使っています。

 

 

11月15日

行事:七五三

行事食など:千歳あめ・赤飯

千歳あめは長く引っ張って伸ばした飴で長寿を表し、子どもが健康で長生きできるようにと願いを込めました。

飴は縁起の良い紅白に彩られ、袋には松竹梅、鶴亀など長寿にまつわる絵が描かれおり、袋の中には年の数だけ飴を入れると良いとされているそうです。

 



 

12月20日頃

行事:冬至

行事食など:かぼちゃ

冬至の行事食としては、かぼちゃが有名ですが、「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれる物があります。

かぼちゃは「南京(なんきん)」と呼ばれ、他にはにんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)の7種類。

冬至には「ん」がつく物を食べることで、運を呼び込めると言われており、「ん」が2回つく食べ物が行事食となっているそうです。

 

12月31日

行事:おおみそか

行事食など:年越しそば

細く長く長寿であるよう願い、大みそかに蕎麦を食べます♪

昔は、月末の晦日のたびに蕎麦をたべていたそうです。

 

 

2021.1.11

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA