【7月のおたより】保育園で使える!園だよりクラスだよりの書き出し文の文例



じめじめとした梅雨の季節ももうすぐおしまい!

プールに七夕お泊り保育…子どもたちが楽しみにしているイベント盛りだくさんの

暑い夏がやってきます!

 

どんよりあまぐもを吹き飛ばすくらい

活動や遊びを楽しんでいきましょう!

 

くいしんぼうおばけのマグネットシアター《イラスト付き》

 

7月のおたより書き出し文

 

・じめじめとした梅雨の暑さの中でも元気いっぱいの子どもたち。

 

・梅雨から夏にかけたこの時期は、雨が降ったり、晴れ間が出たりと、落ち着かないお天気が続いていますね。

 

・ムシムシとしたとした汗ばむ日が続き、夏の訪れを感じますね。

 

・遊んでいるだけでも汗ばむ季節となり、梅雨明けの知らせが待ち遠しいですね。

 

・梅雨の晴れ間にも暑さに負けず、子どもたちは思いきり遊びを楽しんでいます。

 

・本格的な夏が近づくこの季節。園庭のヤマモモやジューンベリーなど、木の実をつかったごっこ遊びに夢中の子どもたち。

 



 

・日に日に暑さも増し、本格的な夏がすぐそこまで来ているようです。

 

・じわっと汗ばむ毎日。プール開きを待ち遠しい〇〇組の子どもたち。

 

・気持よく晴れた暑い日が続き、子どもたちの楽しみにしている行事がたくさんの夏がやってきました!

 

・折り紙や紙コップで作った笹飾りが園内を彩るこの季節。子どもたちが心を込めて書いた願い事も風に揺れています。

 

・毎日の気候の変化の大きさから、体調を崩す子も増えてきます。感染症対策や体調管理に十分留意しながら今月も楽しく過ごしたいと思います。

 

・もうすぐ梅雨明け、暑さが厳しくなりますね。外に出るときは帽子をかぶり、こまめな水分補給を心掛け熱中症も予防していきます。

 

7月のおたより文例

乳児クラスの文例

 

・雨の日の登園、園庭には色とりどりの傘の花が咲いています。
梅雨は気分までじめじめしてしまいそうな季節ですが、
そんな気分もどこかに吹き飛ばしてくれそうなほど、元気いっぱいな〇〇組の子どもたちです。

 

・雨が降ったりやんだりの毎日が続いています。梅雨の晴れ間の園庭で遊べる日には、自分で靴を取りに行き、思い思いの遊びをはじめる〇〇組の子どもたち。

お皿に砂を入れて渡してくれたり、一つ年上のお友だちを真似して遊具の遊びに挑戦したり。アリの行く先を懸命に追う子やダンゴムシを怖々と人差し指で触ってみるなど、大好きな園庭遊びが広がっていき、豊かな表情をみせてくれますよ。

 

 

幼児クラスの文例

 

・梅雨明けも間近、日差しもまぶしくなってきましたね。
いよいよ夏本番!暑くても外あそびが大好きなこどもたち。
園庭の木々に見守られ、涼しい木陰で遊びを楽しんでいますよ。

 

・蒸し暑い日が続いていますね。プールあそびが待てない!という子どもたちは、園庭の水をつかって、泥団子づくりやごっこ遊びに夢中!水に砂を混ぜながら「コーヒーできたよ」とペットボトルに入れてみたり、水を加減してプルプル不思議な感触のプリンを作ったり…水を使うと遊びがどんどん広がっていきます。

砂場では、お友だちと協力しながら、川や池、ダムを夢中で作っていました。声を掛け合いながら作り、最後に水を流すときには、子どもたちの達成感あふれた笑顔が輝いていましたよ。

 

・暑くなったり涼しくなったり、安定しない日が続いています。梅雨が明ければ夏本番。
いよいよプール開きです。プールの中でダイナミックに水をかぶったり、水がちょっぴり苦手な子は小さなプールを用意しながら遊びの中で水と仲良しになる方法も伝えていければと思います。

 

【6月のおたより】保育園で使える!クラスだよりの書き出し文の文例

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA